バンクーバーについて-バンクーバーのまわり方
バンクーバー写真
バンクーバーについて


 カナダの西の玄関口として親しまれているバンクーバーは、カナダ本土とバンクーバー島に挟まれたジョージア海峡に面して発展した港湾都市。街のすぐ近くに山並みが迫り、近代的なビルの合間に緑の公園が顔をのぞかせる。
 トロント、モントリオールに続くカナダ第3の規模をもつ大都市でありながら、海と山、そして森と、自然を身近に感じられる環境は「世界で最も住みやすい都市」と呼ばれる。

 博物館や美術館、広大な公園、四季折々の花が咲くガーデンに植物園と、観光スポットも目白押し。

 バンクーバーという名称は、1792年にジョージア海峡一帯の測量調査を行ったイギリス海軍のジョージ・バンクーバー船長に由来する。当時のバンクーバー一帯には、インディアンのマスクェム族やスクワミッシュ族をはじめとするコースト・セイリッシュ語族が住んでいた。ヨーロッパ人の定住がはじまったのは19世紀後半。最初の移住者は1867年にイギリスからやって来たジョン・デイトン。デイトンが開いた製材所と宿を中心とした集落は、彼のニックネーム『Gassy』(騒がしい)からとって『ギャスタウン』と呼ばれていた。バンクーバーが急速に発展するのは1880年代。契機になったのは、1885年にフレイザー川の上流で発見された金鉱による『ゴールドラッシュ』と、1887年に開通した太平洋横断鉄道である。市政が敷かれ、正式とバンクーバーと命名されたのは1886年。

バンクーバー写真



バンクーバー旅行記HOME

Copyright(C) 2009〜
バンクーバー旅行記

バンクーバーについて-バンクーバーのまわり方