エリアガイド-グランビルアイランド
バンクーバー写真
エリアガイド


 グランビル橋の真下にあるのがグランビル・アイランド。アイランドと付くとおり、フォールス・クリークに浮かぶ小さな島のようになっている。

 20世紀のはじめにはバンクーバーの産業を支える工場街として発展したが、その後さびれゴーストタウン化したものを再開発し、ショッピングも食事も楽しめる観光スポットとして生まれ変わった。

 橋から橋まで歩いても500mほどの小さな島には、個性豊かなマーケットやレストラン、バーが立ち並ぶ。数多くの芸術家のスタジオがあると同時に、エミリー・カー・デザイン芸術学校がある。夏期にはストリート・ミュージシャンや大道芸人も登場し、ひときわにぎわいを見せる。

 入り口を入ってすぐ左には、船舶模型博物館と鉄道模型博物館が入ったグランビル・アイランド・博物館がある。

バンクーバー写真



バンクーバー旅行記HOME

Copyright(C) 2009〜
バンクーバー旅行記

エリアガイド-グランビルアイランド