エリアガイド-バンフ☆
バンクーバー写真
エリアガイド


 バンフ国立公園にある、カナディアン・ロッキー観光の拠点となる町が、バンフだ。

 町なかには、ボウ川が緩やかに蛇行しながら流れ、緑の森や山々が町を取り囲む。風景すべてが絵はがきのように美しい、世界中から旅行者が訪れる山岳リゾート。

 町の歴史は1883年に大陸横断鉄道を開設中だった3人の鉄道工夫たちが温泉ケイブ&ベイスンを発見し、小さな湯治場を造ったことに始まる。

 1885年には温泉一帯26q2が保護区に指定され、1887年にはカナダ初、世界でもアメリカのイエローストーン、オーストラリアのロイヤルに次ぐ3番目国立公園への指定を受ける。

 バンフの町は、国立公園観光の拠点となるリゾートタウンとして開発された。国立公園監察官ジョージ・A・スチュワートは、町の区画を考える際、リゾートエリアはボウ川の南側に、庶民が暮らすダウンタウンはボウ川の北側にと区別した。

 こうして1888年、バンフを代表するリゾートホテル、フェアモント・バンフ・スプリングスがボウ川とログハウス風のホテル、レストラン、ショップがオープンし、現在の小粋な街並みを形成することとなった。

 通りの名前は、ほとんどが動物の名前になっている。ムース通り、エルク通り、ラビット通りなど。町なかを歩けば、動物たちがひょっこり顔を出すこともある。そんな、自然や動物と密接な関係にある町なのだ。

バンクーバー写真



バンクーバー旅行記HOME

Copyright(C) 2009〜
バンクーバー旅行記

エリアガイド-バンフ☆